--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-03(Tue)

たてがおか という地名? を聞いたあとで祠を見た。
スポンサーサイト

2014-06-02(Mon)

45683

2014-05-25(Sun)

1 白い部屋。部屋の中に椿の木。カメラで多重露出で撮影しようとしている。椿を写したあと、窓枠を写そうとする。窓枠は木でできていて、縦長で少し凝った造りになっている。その縦長の窓をより縦長に撮影しようと下から上へカメラを向けて撮影。撮影したものを見ると窓枠の右上に遺影が写っている。実際の部屋をよくよく見上げると、ずらりとご先祖様とおぼしき遺影が。向かって一番右の遺影が気になる。なぜならそれだけ顔のアップだったから。しかも目をとじて顔も正面ではなく少し横を向いている。じっとそれをみていると、いきなり目がカッと開き、私をギロリと見下ろした。そしてそれは写真からぬう・・と盛り上がり、遺影の枠から出てきそうになったので、びっくりして隣の部屋に逃げ込んだ。隣の部屋は賑やかで沢山の仲間たちがいたように思う。


2 別の部屋。女性が沢山いて、みんな華やかな和服を着ている。自分だけが少し、巫女のような他とは違う服装だった。なにか意を決して、立ち上がりると、襖が開く。隣の部屋には黒い影のような男が邪悪そうな気を纏って立っていた。男が私と対峙し、大きな斧のような刀をすらりと引き抜くと、周囲から沢山の戦士がでてきて私を取り囲むが、「あなたたちでは勝てない」という。黒い男は「丸腰では勝てぬ」というが、武器を持たずに手を開いた。
光のうずまき。

2014-05-10(Sat)

なぜかイタリアにいる。イタリアには行ったことがないけど、同行者・・現地の人?がここはイタリアだと言う。
歩いてたどり着いたところは路地のようなところに露天のような店がたくさんあり,様々なものを売っている。
パワーストーンの店があった。大きな石ばかりだが、セラフィナイトは偽物。

2014-05-08(Thu)

100と130と3000
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。